痩せすぎに悩んでいるあなたへ
適切な体重で生理不順対策!
今なら全額返金保証付き!
公式サイトは以下の画像をクリック!
ファティーボ

食事or食べ過ぎると下痢につながるのはなぜ?

人は食事で生きていくために必要な栄養を摂取していかなければいけません。

ところが、食事をした後に吐いたり、
すぐ下痢をしたりする人がいます。
そうなれば、食べ物に含まれる栄養を吸収することが出来ずに、
栄養不足で体が弱ってしまいます。

そのようなことが起きる原因としては、
第一に考えられるのはストレスです。

すぐ下痢になる

というのもストレスは自律神経の乱れをもたらし、
自律神経は胃腸の働きと密接に関わっているものですから、
その結果として吐き気や下痢になることがあります。

ストレスが原因であれば、運動やアロマセラピーなどで
ストレス発散をしてやり、自律神経のバランスを整えることが出来れば不調は解消されます。

そのような状態が続けば、
さらに深刻な過敏性腸症候群となる可能性があります。

過敏性腸症候群というのは、以前は過敏性大腸と呼ばれていた病気で、
すぐに下痢やお腹下す、という症状が長く続くことが特徴です。

その症状によって下痢型、便秘型、交代型と呼ばれており、
腸に異常があるわけではないのに、起きることから原因は明確にわかっているわけではありません。

ストレスによる不調が深く関係しているということはわかっていますが、
他の病気によって引き起こされている可能性もあるので注意しなければいけません。
症状が悪化すれば、外出すらままならなくなります。

治療をするためには、生活を見直しストレスを
軽減させていくことと、吐き気止めや下痢止めの薬を飲むことをやっていきます。

また、胃腸の働きが最初から活発ではないという
可能性も捨てきれません。

胃腸が食べ物を分解・吸収する力が弱いと、
食べたものはそのまま出てしまうのです。

そういう人は、まず胃腸に負担をかけるような食事の内容にしたり、
食べ過ぎなどをしないことを心がけましょう。

それから胃腸の働きは冷えると
衰えてしまうので服を厚着にしたり温かい食事を摂るようにすること、
胃腸に負担をかけるストレスを発散すること、
というように普段の生活から気をつけることが必要です。

その上で筋トレをするなど、体質を変えていけば、
胃腸の働きを鍛えていくことはできます。

関連記事 ▶︎食事をすると吐き気がする・・・改善法は?

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。