バストに自信のないあなたへ
補正ブラなら生理不順にならずにバストアップ!
公式サイトは以下の画像をクリック!

婦宝当帰膠がいいって聞いたけど副作用はある?

漢方薬は西洋薬よりも作用が穏やかであり、困った症状を抑えるというより、
もともと体が持っている力をサポートして症状にアプローチする、というものになります。

効果がはっきり表れるまではある程度服用を続けなければいけませんが、
続ければ「体質改善」も可能なためとても頼れる存在です。

そんな漢方薬の中でも、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は
女性のトラブルの強い味方であり、
とくに妊活において大きな効果を発揮するとか!

ふほうとうきこう
出典:amazon

また、漢方には副作用がないとも聞きますが、それは本当なのでしょうか?
気になる婦宝当帰膠の副作用や効果の実際に迫ります!

漢方には「副作用」の概念がありません。
だからといって、「副作用」にあたるものが全くないというわけでもなく、
婦宝当帰膠にもいわゆる副作用はあります。

漢方は体質や症状によって、合う生薬(漢方の原料となるもの)
が細かく決まっています。

当然ながら合わない生薬もたくさんあり、
その判断を誤ると期待した以外の作用が表れることに。

つまり、これが私たちのよく知る「副作用」ですね。
(東洋医学では処方を誤って副作用が出る状態を「誤治」といいます)

婦宝当帰膠は当帰をメインにした漢方薬です。

当帰は女性の健康な体づくりのサポートを
してくれるとても心強い生薬であり、
婦宝当帰膠を服用することで、更年期障害による
頭痛や肩こりなどのトラブルを解消するほか、
冷えの改善、生理不順や生理痛の緩和に効果を期待できます。

また、血の巡りをよくして体を温めることで婦人科系の機能を活発化させるため、
不妊症の改善にも効果ありとも言われていますね。

特に、不妊の原因が子宮内膜症や生理不順、子宮筋腫などである場合、
その症状を緩和してくれる婦宝当帰膠は心強い味方となるでしょう。

しかし、メインの生薬である当帰によって、
胃腸が弱い人は胃もたれや胃痛が起こることも。

他の薬との飲み合わせによって頭痛など思わぬ副作用が出ることもあるので、
実際に婦宝当帰膠を服用したい場合は医師に事前に相談するか、
漢方の取り扱いのある病院で自分の体質と
婦宝当帰膠が合うのか診断してもらったほうがいいでしょう。

良い薬というのは、単に作用が強いだけではなく、
体への作用と副作用のバランスが絶妙なものを指します。

漢方は体に合えば心強い存在ですが、その判断を素人が正しく行うのは難しいでしょう。
もし婦宝当帰膠を試してみたい場合は、薬局で適当に購入するのではなく、
漢方医のいる病院を受診するか漢方薬局で処方してもらうといいでしょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。