バストに自信のないあなたへ
補正ブラなら生理不順にならずにバストアップ!
公式サイトは以下の画像をクリック!

自律神経が乱れるとどんな症状がでる?なぜ女性に多い?

自律神経失調症。
この言葉、誰しも一度は聞いたことがあるのでないでしょうか。

でも、実際にどういう病気なのか、
どんな症状が表れるのかは曖昧な人が多いはず。
そこで今回は、女性に多いと言われる自律神経失調症について、詳しくお話します。

自律神経

自律神経失調症とは、自律神経の乱れによって起こる様々な不調。

その症状は実に幅広く、体にも心にも表れます。
具体的には、慢性的に続く体のだるさ、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ。

まだまだあります、不眠、便秘、下痢、食欲減退、頻尿や手足のしびれなど。
心に表れる症状なら、イライラ、不安、焦り、落ち込み、
やる気の減退、感情の激しい変化などがあります。。

これら全ての症状が同時に表れるというわけではないですか、
複数にひどく悩まされることが多く、かなり厄介であることがわかるでしょう。

では、どうしてこのようにてんで
バラバラな症状が表れるのでしょうか?

自律神経の症状が多いわけ

そもそも自律神経とは、私たちが普段意識せずに動かしている部分を
コントロールする神経のこと。

例えば、呼吸、心臓の拍動、胃腸のぜん動運動、
血管の収縮・拡張、発汗、血圧などですね。

自律神経が関わる体の働きはとても多く、
その全てを交感神経(緊張やストレス時に優位)と
副交感神経(休養やリラックス時に優位)を適切に切り替えることで行っています。

しかし、交感神経と副交感神経の絶妙なバランスが崩れてしまうと、
当然、自律神経はきちんと働きません。

その結果、体と心の色んな部位に、自分ではどうしようもない不調が表れてしまうのです。

自律神経を乱す原因は、主にストレスと生活習慣の乱れと言われています。

強いストレスを感じていると、常に興奮状態にあります。

その時は交感神経が優位になってしまいます。

さらに、疲労や睡眠不足、栄養の偏りなどは
意識しなくても体にストレスを与えるもの。

ストレス社会でがむしゃらに頑張る人ほど、自律神経は乱れやすいのです。

また、もともと痩せ型の人や冷え性、
低血圧の人などは注意が必要。

自律神経失調症になりやすいです。

その上、女性は月経により、毎月女性ホルモンバランスが変化します。
こお女性ホルモンの変化、変動も
自律神経に影響を与えると言われています。
それゆえに、自律神経失調症は女性に多いのです。

もしあなたが明確な原因がわからない辛い症状に悩まされている場合、
それは自律神経失調症である可能性が考えられます。
無理せず、なるべくはやく医師の診察を受け、治療を受けると良いでしょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。