痩せすぎに悩んでいるあなたへ
適切な体重で生理不順対策!
今なら全額返金保証付き!
公式サイトは以下の画像をクリック!
ファティーボ

なぜ生理前に情緒不安定になってしまうの?対策は?

生理前に小さなことでイライラしてしまったり、
彼氏とケンカしてしまうなんてことありませんか?

またちょっと悲しいドラマをみると
涙がとまらないというのも経験あるのではないでしょうか?

あるインタビューによると、
女性の6割以上が、生理前の情緒不安定になることを感じているんだとか。

なぜこのように、
生理前に情緒不安定になってしまうのでしょうか?

情緒不安定

それはまだ全ては解明してはいないのですが、
女性ホルモンの変動が関係しているのではないかといわれています。

女性ホルモンのプロゲステロンが多く分泌されるときに、
pmsが発症するんだとか。

情緒不安定になったり、頭痛、腹痛などもふくめて
pmsと最近は呼んでいますよね。

女性ホルモンは生理周期、排卵とともに、常にホルモンが変動していて、
ちょうど生理前にプロゲステロンが高くなるとイライラ度も高くなり、
そして生理になった途端今度は低下していきます。

なので感情的には情緒不安定⇒気分が落ち込んでいく
という流れになりやすいです。

女性ホルモンの変動でこのようにメンタルにも影響するので、
あまり気にしすぎもよくありませんよね。

『家族やパートナーにはイライラしやすい周期だから』
と一言先にいっておくとお互いに気持ちの面でも楽かもしれないですね。

イライラをおさえるワンポイントアドバイス

チョコレートなどの甘いものやカフェインの摂取を控えることで、
いらいらをおさえることができるようです。

なぜならチョコレートやカフェインには興奮作用もあるから。
興奮してしまえば、より気持ちも高ぶってしまいますよね。

何かをのむのであれば、
カフェインが入っていないお茶やハーブティーを選ぶことをおすすめします。

チョコレートなどの甘味が欲しいのであれば、
ハーブティーにグラニュー糖のかわりに、
はちみつや黒糖を選ぶということもよいそうです。

女性ホルモンの分泌、低下などの流れを知っておくことで、
しょうがないんだ、あと少しの辛抱と思って、不安定期乗り切っていきましょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。