バストに自信のないあなたへ
補正ブラなら生理不順にならずにバストアップ!
公式サイトは以下の画像をクリック!

なぜお腹が冷たくなってしまう?内臓型冷え性!?

お腹をすぐに壊してしまう人、その逆にいつも便秘がちな人。
体がどんより重い、頭が痛い、食欲がわかない、胃腸が気持ち悪い…。
そんな人は、お腹に手を当ててみてください。

お腹がひんやり冷えていませんか?
あなたを困らせるあらゆる不調、
もしかしたらその冷えたお腹から来ているかもしれません!
では、どうしてお腹が冷えてしまうのでしょうか?

お腹冷える

お腹がひんやり冷えている人は、その内側にある
内臓そのものが冷えてしまっている可能性がとても高いです!
いわゆある、内臓型冷え性というやつですね。

手足の先が冷たい末端冷え性と同じように、
内臓が冷えてしまうのがその症状の特徴です。

内臓が冷えるということは、言い換えるなら
内臓の血行が滞っているということ。

そのため内臓の機能が低下し、下痢や便秘、
消化不良などを起こしやすくなります。

また、どんなに温かくしても寒かったり、
免疫機能が衰えて風邪などを引きやすくなってしまうでしょう
(内臓機能と免疫機能は密接に関わっています)
さらに、女性であれば肌への影響も無視できませんね。

肌は内臓の状態を移す鏡ともいいますし、
内臓の不調はすぐに肌状態に表れます。

吹き出物が増えた、顔色が悪い、どんよりくすんでいる、
むくみがひどい……なんていうのも、内臓の冷えが原因かもしれませんね。

内臓の冷えを改善するには?

単純ではありますが、やはり物理的に温めてあげるのは一番効果的です。

ホッカイロを使用したり、寝ているときには腹巻きを巻くなどしてお腹を冷やさないようにしましょう。
ただし、ただひたすら厚着をしたり温めまくるだけではダメ。

汗をかくと、汗が冷えたときにお腹も一緒に冷えてしまいます。
少し難しいかも知れませんが、汗をかかない程度の厚着を心がけてください。

それが難しい場合、内部から温めるのも効果的。
適度な運動は体の内側から熱をつくる一番手っ取り早い方法です。

運動が苦手な人は、簡単なストレッチから初めてみてはどうでしょう?
また、お腹のマッサージ、体を温める食材や飲み物の摂取
(根菜類、卵、レバー、ショウガ、シナモンなど)もいいですね。

なかなかすぐには効果がでないかもしれませんが、
コツコツ続けていれば徐々に内臓の冷えは改善していきます。
諦めることなく、まずは今回紹介した改善方法のうちのどれか一つを習慣化してみてくださいね。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。