バストに自信のないあなたへ
補正ブラなら生理不順にならずにバストアップ!
公式サイトは以下の画像をクリック!

生理前の吐き気はなぜ?月経困難症とは?

女性の体調を大きく左右する生理周期。

人によっては生理中だけではなく生理前も体調不良になり、
結果的に月の半分は体調不良、なんていうこともありますよね。

腹痛や腰痛、頭痛なども辛いですが、
地味に続く吐き気・胸焼けもなかなか厄介です。

食事もできないし、乗り物に乗るのも一苦労。
この困った吐き気、どうして起こるものなのでしょうか?

生理前の吐き気

生理周期による体調不良の原因の多くは、プロスタグランジンという物質です。

プロスタグランジンは子宮を収縮させることで内膜の排出を促進する物質で、
だいたい生理1週間前くらいからその分泌が増え始めます。

生理痛の正体は、まさにこの子宮の収縮によるもの。
子宮が強く収縮すればするほど、痛みは増していきます。
さらに、プロスタグランジンは胃を収縮させる作用も持っています。

つまり、生理前や生理中の吐き気・胸焼けは、
必要以上に分泌されたプロスタグランジンが胃に働きかけるからなのです。

逆に、プロスタグランジンの過剰分泌さえ防ぐことができれば、
吐き気をはじめとした不快な症状とお別れできるということ。

では、そもそもなぜプロスタグランジンは必要以上に分泌されてしまうのでしょうか?

一番に考えられる要因は、冷えです。
冷えによって血行が悪くなると内臓全体の働きが低下し、
きちんと子宮を収縮させることができなくなります。

そのため、プログラスタンジンがたくさん分泌されてしまうのです。
これを防ぐには、体をとにかく温めること。
内臓から温めるように、カイロをお腹に貼ったり腹巻きを巻いたり、
冷たい飲み物・食べ物は避けて温かい物を口にしてください。

症状がひどいなら月経困難症かも・・・

吐き気をはじめとした不快な症状があまりにもひどい場合、
それは月経困難症かも知れません。

思春期や成人前はホルモンバランスが安定していないため、
生理による不調が悪化しがちです。

また、成人した女性でも、生活習慣や強いストレスによって症状はひどくなります。
「薬を飲まないと耐えられない」「生理が始まると寝込んでしまう」

そんな人は、子宮筋腫や子宮内膜症などによって月経困難症になっている可能性もありますね。
放置しても良いことはないので、なるべく早めに婦人科を受診しましょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。