痩せすぎに悩んでいるあなたへ
適切な体重で生理不順対策!
今なら全額返金保証付き!
公式サイトは以下の画像をクリック!
ファティーボ

生理周期の計算ってどうやるの?正常な周期とは?

生理が遅れたり早くくるなど、生理周期が
バラバラになってしまう生理不順ですが、
病院にわざわざ行くほどでもないと考えている人も少なくありません。

ただ、生理不順というのは、病気のサインでもありますから、
放置しておくのは危険です。

なので、きちんとあなたの生理周期を知っておく必要があります。

生理周期の計算は?

生理周期の計算はとても簡単です。

というのは、生理が始まった日を1日目として、
次の生理が起こる前日までを一つの周期と数えていきます。

正常な人は、この周期が25~38日以内の範囲となっていますが、
生理周期が不順な人というのは、25日よりも短かったり、
39日以上、生理の期間が3~7日よりも短かったり、7日よりも長い人となっています。

今では生理周期や妊娠しやすい日などがわかるような
アプリもあるので、スマホに入れておくと便利です。

ストレスや健康状態によって、
こういった生理周期が一時的に乱れることがあったとしても、
次の生理から通常の周期に戻れば、心配する必要はありません。

生理周期が長い場合

3ヶ月以上乱れている場合には、
何かの病気が隠れている可能性がありますから、
婦人科を受診して調べてもらった方がよいでしょう。

生理周期が短い(早い)場合

生理周期が24日以内という場合は、生理周期が早いと言えます。

頻発月経とも呼びます。
貧血になってしまったり、妊娠しにくくなってしまう可能性があるとも言えます。
この場合も婦人科で見てもらうと安心ですよね。

生理不順になる原因

生理不順になる原因はさまざまですが、
ストレスやホルモンバランスの乱れが原因となるケースも少なくありません。

ストレスが原因であれば、できるだけストレスをため込まず、
発散できる方法を見つければ改善させることができます。

ホルモンバランスが乱れたことが原因の場合には、日々の食事に注意して、
改善させていく必要があります。

生理不順を改善させる食べ物としては、
コレステロールやタンパク質、亜鉛、鉄分、イソフラボン、
ビタミンB6、ビタミンEを摂取することが大切です。

そのため、大豆食品や、牛肉、バナナ、鶏ささみ、
レバー、納豆などを積極的に摂取するようにしましょう。

最近ではさまざまなダイエット法がありますが、
特に若い女性の間では、短期間にやせるダイエットが人気となっています。

このダイエットは、1ヶ月に5~10kg程度やせるというものですが、
こういった短期間で体重を急激に落とすと、
生理不順になってしまう可能性も高くなってしまいます。

生理不順は、放置してしまうと、不妊症になってしまったり、
さまざまな病気を招く危険性が高くなってしまいうので気をつけましょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。