痩せすぎに悩んでいるあなたへ
適切な体重で生理不順対策!
今なら全額返金保証付き!
公式サイトは以下の画像をクリック!
ファティーボ

内蔵付近を温め、体重を増やすことができる【おすすめ食材6選】

お腹の冷えが影響して内臓機能が低下すると、
食べ物から摂取した栄養をエネルギーに変えることが難しくなり、
痩せすぎの原因になることがあります。

こうした問題を解決するためには、胃腸温める食材を多用して、
内蔵機能を総合的に高めることが有効です。

日常的な食材で対処することが可能ですから、
痩せすぎの女性も試してみましょう。

白湯<さゆ>

カラダを温める

白湯は淡麗な味わいでありながらも、
体を温めることに優れるものです。

水分補給を兼ねて白湯を飲めば、胃腸が十分に温まることから、
結果的には代謝も活発に働きます。

白湯と一緒に和菓子を食べることも、
エネルギー代謝を活発にさせるために役立つ方法です。

生姜

生姜は温性の性質が特徴で、強烈な辛味も魅力的な食材です。

辛味成分のジンゲロールやショウガオールを含み、
健胃作用があることは昔から知られてきました。

先程の白湯には生姜を加えると、
辛味が強い生姜湯が完成します。

この生姜湯も日常的に飲めば、
冷え切った内蔵が徐々に温まるため、代謝を底上げしやすくなる仕組みです。

関連記事 ▶︎食べても太れない体質は改善できる?

唐辛子

唐辛子も温性の食材であり、
辛味成分のカプサイシンを含むのが特徴です。
唐辛子が入った麻婆豆腐や鍋料理を食べれば、
発汗作用が促進していきます。

さらに、胃腸温めるためにも有効ですから、
冬場の時期にも試してみてください。

唐辛子入りのキムチを食べる場合には、
乳酸菌の働きもあることから、腸内環境を整えながら内蔵機能を高めることができます。

ただし、取りすぎは禁物。
かえって胃腸に負担をかけてしまうこともあります。

ネギ類

ねぎはニンニクと同様にユリ科に属する植物で、
辛味成分の硫化アリルを多く含みます。

ねぎの鍋料理や天ぷらなどを食べれば、硫化アリルのおかげで血流が促進し、
内臓機能も強化しやすくなります。

サツマイモ

サツマイモなどの芋類には、大量の食物繊維やビタミン類が
含まれています。

寒いときに石焼き芋を食べることは人気ですが、
お粥に入れると胃腸温める働きは特に活発になります。

発芽玄米

発芽玄米と合わせてから炊き込みご飯にして食べれば、
糖質とビタミンB群を同時に摂取できるため、
エネルギーを燃焼させる力は強くなります。

いかがでしたでしょうか?
カラダを温めてくれる食材がこんな身近にあるということが
わかったと思います。

カラダをいつも温めるということに意識を向けて、
健康的に体重を増やしていきましょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。