痩せすぎに悩んでいるあなたへ
適切な体重で生理不順対策!
今なら全額返金保証付き!
公式サイトは以下の画像をクリック!
ファティーボ

体脂肪が重要!?痩せすぎと女性ホルモンの関係とは?

女性らしい体というと、バストやヒップに適度な丸みがあり、
全体的にやわらかい印象のある体型を思い浮かべますよね。

逆に、痩せすぎている体…、丸みがなくて骨が浮いていたり、
曲線がない体型にはあまり女性らしさを感じられません。
そして、女性らしさと言えば女性ホルモン!

女性らしい体

ということは…。

痩せすぎと女性ホルモンとの間には、深い関係があるということ?

まさか、痩せすぎると女性ホルモンが減ってしまうのでしょうか?
それとも、女性ホルモンが減ると痩せるの?
今回はそのあたりの疑問に迫ります!

まず結論を先に述べましょう。
体脂肪と女性ホルモンの分泌量には、明確な関係性があります!

適度に脂肪の付いた女性らしい丸みのある体を作るのは、
エストロゲン(卵胞ホルモン)の役割です。

このエストロゲンが、コレステロールを原料につくられるって知ってました?

脂肪量が少ない人はコレステロール量も少ないため、エストロゲンの分泌量も減少します。
エストロゲンが少なくなると適度な脂肪がつかなくなる。

そして、脂肪がつかないとエストロゲンが少なくなる。これぞまさに負のループ!

「なるほど!じゃあ女性ホルモンを増やしたいなら太れば良いんだ!」
そう思うかも知れませんが、物事はそう単純ではありません。
過度に脂肪が増えすぎると、今度はせっかくのホルモンが脂肪細胞に停滞してしまうのです。
当然、ホルモンは正しく作用しません。

太りすぎてもダメ、痩せすぎてもダメ。
脂肪量と女性ホルモンとの関係は、わかりやすいようでいて実に複雑なのです。

低体重で脂肪が少ない場合には、まずは体重を増やしましょう!

とはいっても、痩せすぎている人は
脂肪を少しでも増やさないことには始まりません。

女性ホルモンの低下を放置すると、生理不順や精神不安、
代謝異常などを引き起こす場合があります。

女性らしいスタイル云々よりも、
自分の健康を守るために脂肪を増やす努力が必要なのです!

まずは食事内容や回数を見直して

何も脂肪分の高いものを大量に食べろ、
というわけではありません。

大豆食品や赤身のお肉など、
高タンパクのものを多めに摂取するように心がけてください。
もちろん、それ以外の野菜や魚、果物、きのこ、海藻類なども、バランス良く摂取してくださいね。

自力での改善が難しいのであれば、
栄養補助ドリンクやサプリメントを使うのもいいでしょう。

少しずつでもコツコツ続ければ、女性ホルモンの分泌量だけでなく、
体力や免疫力も強化されるはずですよ!

体脂肪を増やし、女性ホルモンの分泌を促す。
そして、女性らしい体を手に入れるという好循環になるように、
参考にしてみてくださいね。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。