痩せすぎに悩んでいるあなたへ
適切な体重で生理不順対策!
今なら全額返金保証付き!
公式サイトは以下の画像をクリック!
ファティーボ

【病気の可能性もある?】生理不順を引き起こす原因とは?

生理不順の原因は、子宮や卵巣の病気が原因で
起こる場合もありますが、これもホルモンバランスの乱れによって起こります。

また他の病気の可能性もあります。

甲状腺の病気や肝臓病、糖尿病などの病気も
生理不順を引き起こすことも考えられますから、
生活習慣を改善しても解消されない場合には、一度婦人科を受診しましょう。

生理が来ないのは病気?

生理不順は、薬による治療が中心となりますが、
子宮内膜症や子宮筋腫、糖尿病などの病気が原因となっている場合には、
その病気を治療する必要があります。

また、ホルモンの分泌異常が原因の場合には、ホルモン剤を使用して、
体の機能を元に戻すことが大切です。

また、高プロラクチン血症が原因の場合は、
プロラクチンを抑える薬を服用して治療を行いますし、
薬の副作用によって生理不順になってしまう場合は、薬の服用を止めると、生理は回復します。

このように、生理不順の原因となる病気がはっきりわかっている場合には、
その病気を治療することが最優先となります。

生理不順というのあ、体のSOSですから、まずは現状の生活を見直して、
規則正しい生活を送るようにしましょう。

病気以外が原因の場合

現在の日本は、痩せたい願望やスリム志向の人が増え、
極度に低カロリーの食生活を送っている女性が少なくありません。

関連記事 ▶︎痩せすぎと生理不順の関係性

痩せたいというあまり、食事の量を極端に減らしたり、
一つのものだけを食べるという偏ったダイエットを続けていると、
筋肉や体脂肪も減ってしまいます。

また体質上、食事をしても太ることができない、
体重を増やすだけのカロリーを摂取できる食事をできないという
女性も少なくありません。

体脂肪が減少すると、女性ホルモンの分泌も低下してしまい、
生理不順につながってしまいます。

食生活の乱れ、睡眠不足もホルモンバランスを乱す
理由となってしまいますから、
生活習慣を見直すことが大切です。

生理不順であっても、生活に支障はないからと、
長期間放置してしまうと、将来的に不妊の原因になることもありますから、注意しましょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。