痩せすぎに悩んでいるあなたへ
適切な体重で生理不順対策!
今なら全額返金保証付き!
公式サイトは以下の画像をクリック!
ファティーボ

女性ホルモンが少ないとどうなる?閉経も早まる?

あなたは自分の女性ホルモン量が気になったことはありませんか?

大抵の女性は自分のスタイル・体型が気になるものですが、
そんなとき、ふと考えるのは女性ホルモンの量ではないでしょうか。

「生理不順になりやすいし胸も小さい…これって女性ホルモンが少ないってこと?」
「女性ホルモンが少ないとどうなっちゃうの?」
今回はそんな疑問に答えます。

女性ホルモン少ないどうなる?

痩せていて体のラインに女性らしい丸みがない人って、
「女性ホルモンが少なそう」って思われがちだったりしますよね。

確かに、痩せていると女性ホルモンが少ないことはあり得ます。

というのも、女性ホルモンのバランスが崩れる原因の一つとして、
『痩せること』や『急激に痩せること』が挙げられます。

もともと痩せている人は慢性的なエネルギー不足になりやすく、
生理を正しく起こすための栄養が足りていないこともあります。

最悪の場合はそのまま無月経になってしまうことも……。

無月経が長く続けば、それはそのまま閉経が早まることにもつながります。

加えて、女性ホルモンのエストロゲンは骨の代謝と形成に関与していて、
エストロゲンの欠乏は骨粗しょう症のリスクを上げることにもなるのです。
(骨粗しょう症:骨量が減少して骨そのものがもろくなってしまう病気)

閉経が早くなる!?

事実、現代の痩せている女性の中には30代、40代で閉経を迎えている人もいます。
ただし閉経の平均年齢はだいたい50歳と言われているので、
30代、40代で閉経は統計を見ても早すぎです。

その中には若いながらに骨粗しょう症を
患っている人も少なくないのだとか。

女性ホルモンはその分泌が正常であれば一定の量がバランス良く保たれるもので、
過剰に分泌されることはほとんどありません。

ただし、分泌量が減少してしまうことはあり、
これは私たちに大きなデメリットをもたらします。

原因にはストレスや喫煙やアルコールなどの生活習慣の乱れもありますが、
痩せすぎもけして無視できない要素です。

もともと痩せている人、痩せやすい人はそれを十分に理解し、
太れはしないまでも、
普段から摂取カロリーや食事の栄養バランスに注意を払うようにしましょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。