痩せすぎに悩んでいるあなたへ
適切な体重で生理不順対策!
今なら全額返金保証付き!
公式サイトは以下の画像をクリック!
ファティーボ

ナプキンでかぶれて、陰部が痛い!どうすればいい?

生理不順や周期にばらつきがあると、
ナプキンをつける頻度も高くなり、
かぶれてしまうことありますよね。

かゆみだけでなく、痛みがあるのであれば、
早く治したいですよね。

陰部かゆみ

痛みがある場合には、状況が悪化していることが考えられます。
デリケートな部分なので、
婦人科もしくは女性のいる皮膚科で見てもらうのが一番です。

なぜかぶれて、痛くなるの?

生理不順の方は、他の人よりもナプキンを長時間、長期間つけていることが多いです。

ナプキンの長時間の使用により、
肌がかぶれる⇒爪でかいてしまう⇒炎症⇒またナプキンで蒸れる⇒炎症
このような悪循環が起きている可能性があります。

すれて少し痛いだけという場合や、
なかなか病院へ行く暇がないという場合には、
どのような対策があるでしょうか?

アレルギーのかゆみ止めを飲む

花粉などのアレルギー用のかゆみ止め薬を飲む。

抗ヒスタミンが入っている市販の薬を飲むことで、
陰部のかゆみを抑えることが出来ます。

例えば、アレグラやアレジオンです。
ただし、ヒトによっては眠気なども感じるので、服用には注意です。

軟膏を塗る

もう一つは軟膏を幹部に直接ぬる方法。

たとえば、フェミニーナ軟膏などは
あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

フェミニーナ軟膏かゆみ
出典:amazon

この軟膏はナプキンかぶれ、汗蒸れなどに有効です。
低刺激なので、安心して使うことが出来ます。

ドラッグストアで買うのが恥ずかしいという場合には、
アマゾンでもぽちっと買うことができるので、
利用してみてくださいね。

白色ワセリン、プロペト

この二つは実は一緒。

一般名が白色ワセリンとして知られています。

プロペとは油脂性の軟膏。
患部にぬると、膜がはったようになり、傷も早く治してくれます。

プロペトかゆみ
出典:amazon

上記の二つもアマゾンで買うことができますよ。

ナプキンを長期間つけないように生理不順を改善させよう!

また、生理不順により、ナプキンを長期間つけているという場合には、軟膏などで
対策することもおおいに有効ですが、
生理不順を改善させて、ナプキンをする期間を少しでも、
短くしてあげるということが根本的な解決につながります。

生理不順になってしまっている原因を探り、
改善させていきましょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。