痩せすぎに悩んでいるあなたへ
適切な体重で生理不順対策!
今なら全額返金保証付き!
公式サイトは以下の画像をクリック!
ファティーボ

生理不順改善するために必要な食事、食べ物の7つのポイント

痩せすぎの体質と生理不順を改善させるためには、
肉や野菜をはじめとする食材をバランスよく摂取する必要があります。

ここで重要になるのが【補酵素】というもの。
たとえばお肉などのたんぱく質、お米などの炭水化物があります。
これらだけを摂取しても、
うまく吸収できない、エネルギーに変換できない栄養素があります。

そんな時に必要なのが補酵素。
補酵素はビタミンやミネラルをさします。

なので酵素、補酵素という面でも食材をチョイスしていきたいですね。

生理と栄養

ポイント1 旬の食材を選ぶ

なるべくは旬の食材を選び、
多品目にすればビタミンEの摂取量も増えます。

旬の野菜などは、もっとも栄養分も高く、
うまみ成分も高い状態です。

旬ではない野菜と旬の野菜を比べると
栄養価が2倍近く違うこともあるのです。

例えば、野菜であれば、
冬はほうれん草や大根。

お魚も冬には油ものりおいしくなりますよね。

春先は山菜やアスパラガスなどが出回り始めますよね。

旬を感じながら、食材選びをしましょう。

ポイント2  大豆食品を積極的に

ホルモンバランスを整えるために、
大豆食品を食べることは理にかなっています。

納豆には各種のビタミン類をはじめとして、
大豆レシチンやイソフラボンが大量に含まれます。

血流をサラサラにする成分としては、
サポニンが多く含まれるのも特徴です。

その他には味噌や豆腐を日常的に食べることで、
体内の健康を維持しやすくなります。

ポイント3  ビタミンB1

肉類では豚肉を多くすると、
ビタミンB1の摂取量を大幅に増やせます。

ビタミンB1は食べたものをエネルギーに変える際に
必須の補酵素の一つ。

痩せ型体質の方はこの酵素を食事で取り入れることが大事です。

関連記事 ▶︎補酵素が効率よくとれるサプリとは?

ポイント4 魚類

魚類については、刺身や煮魚などの料理だけでなく、
鰹節や煮干しなどの加工食品も食べるようにしましょう。

蒲鉾などの魚肉練り製品も使うことで、
タンパク質やカルシウムの摂取量を増やすのも賢い方法です。

ポイント5

米などの穀物に対しては、
ビタミンB群が豊富な漬物を添えると、糖質の燃焼が促進します。

ポイント6

お茶には特有な芳香があると同時に、
抗酸化成分も多く含むのが特徴です。

ルイボスティーを飲むことによって、
水分を補給しながら体を温めることができます。

漢方で有名な人参についても、お茶にして飲むこともあります。
ごぼう茶にもサポニンの一種が含まれることから、
大豆と同様に血流を促進させるために役立ちます。

ポイント7

養命酒は漢方の温補を実践するために最適な薬用酒で、
現在でも幅広く使われています。人参や芍薬をはじめとして、
多彩な生薬で作られているため、養命酒を飲めば血流が促進して
体もポカポカに温まります。

芍薬という生薬は、漢方の加味逍遥散などに含まれるもので、
当帰とともに代表的な婦人薬として重宝されてきました。

実際に養命酒を飲んで生理不順を改善させている人もいるため、
他の方法に満足できない場合にも試してみる価値があります。

関連記事 ▶︎カラダの内側から温める!おすすめ食材6選!

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。