痩せすぎに悩んでいるあなたへ
適切な体重で生理不順対策!
今なら全額返金保証付き!
公式サイトは以下の画像をクリック!
ファティーボ

カバサールってどんな薬?副作用はある?

カバサールは不妊治療やパーキンソン病に使われています。
他の薬のパーロデルや、テルロンに比べ、穏やかに効いてくる薬。

服用も1週間に1度でよいのが特徴です。

カバサール副作用

カバサールは副作用ある?

吐き気、便秘、頭痛、めまいなどの副作用がありますが、
ほとんどそのような体調不良を感じる人はいないようです。

万が一吐き気、めまい、などが強く、
日常生活に支障が出るのであれば、
担当の医師に相談してみてくださいね。

また先ほどもふれました、テルロン。
これが一番新しい薬で、副作用も出にくいとして知られていますが、
服用の数は多いです。

副作用によりカバサールが合わないという方は、
医師と相談にテルロンを試してみてもいいかもしれませんね。

カバサールが処方される、女性特有の症状は?

どんな不妊の場合に用いられるのかというと、
高プロラクチン血症のとき。

プロラクチンは妊娠後期や授乳中に分泌が高まっていくものなのですが、
ストレスや不眠、ホルモンバランスの乱れなどが原因となり、妊娠していない状態なのに、
プロラクチンが多く分泌されてしまうのです。

その結果、排卵を抑制してしまい、妊娠が難しくなってしまうのです。

さて話は戻りますが、カバサールはそのような状態のときに、
プロラクチンの分泌を低下させて、排卵をサポートしてくれるのます。

例えば、不妊の検査をすると、プロラクチンの血液検査を受けます。
その時に基準値を超えていて、その他医師の判断でカバサールを処方されるようになります。

痩せすぎていて、脂肪が少ない場合にもホルモンバランスが崩れてしまうこともあります。
薬を服用して、ある程度生理が来るようになったら、
体重を管理して、適切な体重まで増やすこともしてみてくださいね。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。