痩せすぎに悩んでいるあなたへ
適切な体重で生理不順対策!
今なら全額返金保証付き!
公式サイトは以下の画像をクリック!
ファティーボ

ルテジオンってどんな薬?副作用はある?

ルテジオンはホルモンバランスを整える薬。
生理不順(月経周期の異常)、無月経、
不正出血、月経困難症などの場合に処方されます。

ルテジオン

一番多いのが生理がこないので、
生理を起こさせるために処方されます。

保険適用されているので比較的に低価格。

ただし、処方された容量を飲みきることが大切と言われています。

体調が良くなったからといって、自分の判断で、
服用をストップさせると、かえって体調に影響をあたえてしまうことがあるからです。

ルテジオンってどんな薬なの?

ルテジオンを服用することにより、
黄体ホルモン、卵胞ホルモンを補うことができます。

黄体ホルモンって?

黄体ホルモンは一言で言えば、妊娠に欠かせない女性ホルモン。

プロゲステロンとも呼ばれます。
子宮内膜の状態をよくし、着床しやすくしてくれたり、

体内の水分量を維持、体温の維持、妊娠を安定させる、乳腺を発達させ、
母乳の準備をするなど、このようなすべての働きは黄体ホルモンが必要不可欠なのです。

栄養不足、やせすぎ、ストレスなどによって、この黄体ホルモンの分泌が低下してしまうこともあります。

卵胞ホルモン

もう一つの卵胞ホルモン。
エストロゲンともよばれます。

こちらは女性らしさをサポートしてくれるホルモン。
先ほどの黄体ホルモンとは違い、子宮内膜を厚くする、
自律神経やメンタル面に影響をあたえます。
また卵胞ホルモンが多いと肌のコンディションも安定しやすいんだとか。

このホルモンは生理の終盤から、排卵日までの間に分泌量が増えます。
年齢とともに、この卵胞ホルモンは低下し続けます。

その結果肌のハリがなくなったり、髪の質の低下、
骨の密度の低下などが進んでいきます。

このようにこの二つの女性ホルモンをルテジオンは補給できるということなのです。
頭痛、むくみ、下腹部の痛み、お腹の張りなどの副作用があります。

長期服用の場合でも2、3ヶ月で体も慣れてくるので、
あまり心配もいりません。

掲示板などでは、ルテジオンを飲んで体重が増加したという声がありますが、
ルテジオン自体には体重を増やす作用はありません。

ただし副作用があります。

ルテジオンの副作用とは?

主な副作用は吐き気、嘔吐、胃もたれなど。
胃もたれなどがひどい場合には、
医師に相談すれば、胃を整えてくれる薬を処方してくれることもあります。

他には、胸のハリ、ほっしん、腰痛など。

血栓症や、アナフィラキシー症状などが出た場合には、
すぐに医師への相談が必要です。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。